水道料金

市の水道料金は、メーターの口径別による基本料金と、使用水量に応じた従量料金からなっています。料金表により算出した額に、消費税分を加えた額が、1期(2ヶ月分)の水道料金となります。

料金表

上水道料金表(2ヵ月分)

上水道料金表(2ヵ月分)

上水道料金は平成30年3月検針分から平成33年1月検針分まで5%割引されます。
実際の請求は税込額から5%を割引いた後、10円未満を切り捨てた額が上水道料金となります。

簡易水道料金表(2ヵ月分)

簡易水道料金表(2ヵ月分)

上記料金表から算出し消費税を加算した後、10円未満を切り捨てた額が簡易水道料金となります。

下水道使用料金表

下水道使用料金表

上記料金表から算出し消費税を加算した後、10円未満を切り捨てた額が下水道料金となります。

上下水道料金シミュレーション

前回検針日から今日までの水道料金がいくらになるか計算してみましょう。

用意する物

最新(前2ヶ月以内の検針日)の「ご使用水量のお知らせ(以下お知らせ)」
※最新のものでないと使用水量の計算ができません

準備すること

ご自宅の水道メーターの指針を読んでください。 →[読み方]
メーターの口径を決定後、今回ご使用量、期間を入力してください。
今回ご使用水量は今日の指針からお知らせBの指針を引いたものです。

  • A メータの口径
  • 使用量
  • 期間(月)

前回検針日から今日までの水道料金(消費税込み)は
内訳

  • 水道料金
  • 下水道料金

※水道料金・下水道料金はそれぞれ、10円未満は切り捨てになります。
また、ここで算出した水道料金は目安であり、実際の請求額とは異なる場合がございますのでご了承ください。
※上水道料金は平成33年1月まで 一律5%の割引が適用されます。
なお、料金シミュレーションの金額は5%割引後の金額です。
※公共下水道を使用されていない方には下水道料金はかかりません。




水道料金の使われ方

水道事業は、地方自治体が経営する企業として、税金ではなく、水道料金収入によって運営されています。
安全で安心して飲める水を安定供給していくための、施設の整備や維持・管理、そして今後ずっと水道事業を行っていくための施設・設備の更新・耐震化などに多くの費用がかかります。これらの費用を水道料金によってまかなっています。[経営・財政状況]
今後とも、経費の削減に努め、水道料金を無駄にすることなく大切に使わせていただきます。

年度 1㎥当りの給水コスト
平成29年 86.2円
平成28年 92.2円
平成27年 92.6円



Top

お客さまセンター委託先

ヴェオリア・ジェネッツ株式会社
御殿場営業所


御殿場市荻原483番地
御殿場市水道庁舎内


TEL:0550-82-4626


[営業時間]平日 8:30~17:15

(土曜、日曜、祝日および12月29日から1月3日を除きます)