水道の冬じたく

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
水道の冬じたく
●夜の冷えこみにご注意

気温がマイナス4℃以下になりますと、水道管やメーターなどが凍ったり、破裂したりします。とくに、低温注意報が出たときには気をつけてください。

☆凍結しやすいところ

  • むき出しになっている水道管
  • 北向きにある水道管
  • 風当たりの強いところにある水道管
●防寒のしかた

  • 専用保温材または毛布、布きれなどで水道管を巻き、ぬれないように上からビニールテープなどを巻いてください。
  • メーターボックスの中に布きれなどをナイロン袋などに入れ、メーターボックスの上に段ボールなどをのせて保温してください。
  • 水抜き、不凍水栓を取り付けている場合は、お休み前やお留守にするとき、忘れずに水抜きをしてください。
防寒のしかた
●凍って出ないとき

タオルをかぶせ、その上からゆっくりとぬるま湯をかけてとかします。熱湯をかけると破裂やひび割れすることがありますので、ご注意ください。

凍って出ないとき
●破裂したとき

まず、不凍栓を閉めて、指定工事業者へ修理をお申し込みください。

●万一の災害に備え、いつも水の汲み置きをしましょう

非常時の場合、最低1人1日3リットルの水が必要とされています。また、汲み置き水は3日に1度取り替えてください。その水は、掃除、洗濯などにご利用ください。