水の豆知識

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
おいしい水の条件
御殿場市の水道は、東洋一といわれる柿田川湧水の源である富士山の地下水を利用しています。
この地下水は、富士山に降った雨や雪が地下にしみ込み、自然の濾過や浄化作用を受けながら適度のミネラルを溶け込ませるなど、富士山の恵みをふんだんに受けたおいしい水になっています。
おいしい水の要件としては、1985年に厚生省が発足させた「おいしい水研究会」がとりまとめた7項目の要件が示されていますが、御殿場市の水道水もこの要件にほぼ沿った水質であり、PH8前後の弱アルカリ性のまろやかな味を示しています。
おいしい水の要件
●蒸発残留物(30~200mg/リットル) 御殿場市(96~180mg/リットル)
水に含まれるカルシウム等のミネラル分や有機物の量を表します。
ミネラル分は味に影響を与え、多く含む場合も極端に少ない場合も味をまずくします。ほどよく含まれると水の味がまろやかになります。

●硬度(10~100mg/リットル) 御殿場市(40~94mg/リットル)
水に含まれるミネラルの主成分であるカルシウムやマグネシウムの含有量をあらわし、ほどよく含まれると水の味をまろやかにします。
硬度が低すぎる水は淡泊でコクのない味がします。一方、硬度が高い水は、石鹸の泡立ちが悪くなります。

●遊離炭酸(3~30mg/リットル) 御殿場市(2mg/リットル以下)
水に溶解した炭酸ガスの量を表します。

●残留塩素(0.4mg/リットル以下)  御殿場市(0.3mg/リットル以下)

●水温(20度以下)

●過マンガン酸カリウム(3mg/リットル以下) 御殿場市(0.5mg/リットル未満)※

●臭気度(3以下)  御殿場市(1未満)※
※管理20項目より