水道は独立採算

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
水道事業は独立採算制

 水道事業の経営は、法律によって独立採算性となっています。そのため、いくら経営が苦しくても、市の税金でまかなうことはできません。

 市民生活を豊かにするために、水道施設の充実や更新、改良工事をしなければなりません。しかし、これらには莫大なお金がかかります。

 このため、国からお金を借りて(起債)事業を行っています。そして水道施設ができ、みなさんのご家庭へ水道の水をお届けし、お使いになった使用量に基づいて水道料金をいただいています。

 この料金収入の中から、毎年少しずつ借りたお金に利息をつけて返済しながら、水道の経営を行っています。